回答拒否についてまとめ

回答拒否についてまとめ - TODO

回答拒否とは

人力検索はてなのヘルプ-好ましくない回答者を拒否する

設定画面の「回答拒否ユーザー」から拒否したいユーザーのユーザー名を設定してください。ユーザー名は何件でも設定できます。

「他ユーザーの設定による回答拒否」設定を行うと、一定数以上のユーザーから回答拒否されているユーザーからの回答を、自動的に拒否することができます。

回答拒否設定されたユーザーは、質問一覧の「答える」ボタンがグレー(通常は青)に表示され、質問を開いても「この質問に答える」の項目が表示されない。


今まで回答拒否設定を行うのは、プロフィールから設定を行う必要があったが、2008年9月5日より質問者が回答をオープンした時に「不適切な回答」にチェックを入れるだけで、回答拒否(かつ0ポイント)できるようになった。


回答拒否設定におけるアカウントの関係



回答拒否設定の対象 回答者(メインアカウント) 回答者(サブアカウント)
直接IDを回答拒否(メイン)
直接IDを回答拒否(サブ)
間接回答拒否の対象(メイン) ×
間接回答拒否の対象(サブ) ×


※間接拒否・・・他ユーザーの設定による回答拒否

※●=回答拒否が適用、×=回答拒否が適用されない


経緯

 「他ユーザーの設定による回答拒否」が有効になっていなかった!

 直接ID指定による回答拒否の時のみで、「他ユーザーの設定による回答拒否」には適用されないと思われる。

 「他ユーザーの設定による回答拒否」は1ヶ月以内という期限付きに変更

 回答閲覧時に拒否設定が可能。


【参考】はてなダイアリー > キーワード > 回答拒否


回答拒否と間違えやすいケース

回答拒否以外で、「答える」ボタンがグレーになるケースです。

1.急に回答できなくなった

→1人あたりの回答数上限または質問の回答者数上限に達した。あるいは質問者が「回答締切」の状態にした。

2.別のアカウントでいわし・アンケートに回答できない

人力検索はてなのヘルプ-複数アカウントでの回答について

・アンケート/いわしタイプの質問では、一度回答したアカウントの保有している他のアカウントで回答することはできません。

3.アンケートに回答できない

人力検索はてなのヘルプ-「アンケート」タイプで質問する

対象ユーザー・性別・年代・地域による回答者設定がされている場合がある。

4.12歳以下のユーザーであると、回答できない場合がある。

質問の設定による。

12歳以下のユーザーからの回答を受け付けないオプションを設けました

このオプションを使用している場合は、個別質問の回答者制限の欄に表示される。

なお、この設定の際、デフォルトでチェックが入っているので質問者が意図せず12歳以下のユーザーを排除してしまう可能性がある。



回答拒否機能についての疑問・問題点・その他

  • 回答拒否機能の効果について
  • メインアカウント+4つサブアカウントを使用して、事実上1人で5アカウント分の回答拒否を行うことが可能。
  • 退会したユーザーの回答拒否設定は当然クリアされている?
  • 質問者のアカウント間の設定
    • メイン→サブ(その逆も)への設定引継ぎは無い?
  • のっかり
    • 「他ユーザーの設定による回答拒否」を設定されていると質問にのっかりできない。→idea:17011で提案。

回答拒否設定されていてものっかりができるようにしました  (2007/09/13)

  • コメント
    • 質問へのコメントには回答拒否による影響は無し。

編集履歴

  • 2007/10/05 まずは2007年9月時点での回答拒否に関する情報をまとめてみました。
  • 2008/04/04 部分的に修正・追記しました。
  • 2008/12/10 新規にリリースされた機能を追記しました。
  • 2009/03/07 回答閲覧時に不適切な回答を拒否する機能の不具合とその解消について記述追加しました。
  • 2010/02/15 質問設定時に「12歳以下のユーザーからの回答を受け付けないオプション」について追記しました。
[Good Job!]

Good Job!rikuzairikuzai 『早速まとめてくださってありがとうございます! 色々片付いて落ち着いたらじっくり検証させてください。』