ガイドライン

ガイドライン

【重要】はてな人力検索のご利用にあたって Ver.2.04(2009/07/06)

質問するとき(主に人力検索タイプ)

人力検索はてな


1.投稿前の注意点

  ※はてな利用規約第6条(禁止事項)4.2に該当します

2.設定について

  • 最初に必要とする回答の数だけ『回答の上限』を設定するようにしておくと、思わぬ多くの回答を寄せられて困る事がなくなるので何かと便利です。上限は後から増減が可能です(アンケートタイプのみ減らすことはできません)。
  • コメント・トラックバック表示を有効(表示する)にしておくと何かと便利です。ポイントを使わないで他の人(回答したいと思った人)から質問の不明な点の問い合わせや指摘を受けることもできますし、それに答えて自分から質問の補足することが可能になります。
  • 回答拒否機能を例えば「他の人の設定」で「○○人以上」を拒否とすることである程度の粗悪回答(者)をカットする効果が望めるかもしれません。ただし、優良回答者をもはじいてしまう怖れもあるので、設定は慎重を期した方がいいでしょう。

3.質問文について

  • わかりやすい質問文になるよう心がけましょう。
  • 求める回答が得られるように、できるだけ詳しく条件を記載しましょう。
  • 助けを求める類の質問をする際は、できるだけ詳しく状況を記載しましょう。また、どれくらい急いでいるのかも書くと良いかもしれません。逆に急いでなく広く意見を求めたい場合はその旨を書くほうがいいでしょう。
  • 文字制限に引っかかる場合はコメントにて補足説明することが可能です。

4.質問後について

  • 回答オープン前に寄せられた回答者のユーザーidのプロフィール欄から回答履歴やウォッチリストなどを参考にすることで、どういう回答が返ってくるか参考になることがあります。
  • 寄せられた回答は全てオープンすることがより望ましいです。ただし回答者の履歴や状況により、オープンしないという判断も有り得ます。
  • 寄せられた回答は長期間放置せず、逐次オープンするように心がけましょう。
  • 寄せられた回答にはできるだけコメントを返しましょう。
  • 質問を立てて7日間経つと自動終了し(*1)、ポイントは均等割り振りされますので、自分で振り分けたい場合は気をつけましょう。2009/04/30より、自動終了後でもいるか賞は付与することは可能となりましたが、ポイントは変更できません。また、ポイントを振り分ける際は、考え無しの均等割り振りや理不尽な振り分けにならないよう、適切に行いましょう。
    ※2006/12/14から回答重み付け機能が新機能として実装されたようです。回答読む際に設定しておくと、終了時には☆に応じて自動的にポイントが振分されます。※手動終了時には修正可能です。
  • 質問の終了のタイミングは慎重に見極めましょう。回答者は質問者の質問を毎日見ているとは限りません。早く終了してしまうと良質な回答を逃すことになるかもしれません。また、迷った時やポイントが不足した時は、いったん受付締切してから再開する・終了するという方法もあります。
  • 質問をキャンセルすると、質問者の支払率だけでなく回答者の受取率も下がります。キャンセルに値するかどうか、よく考えましょう。
  • 残念ながら悪意をもって回答するユーザーもいるようです。明らかな悪意のある回答者に対しては、慎重、且つ毅然とした対応(ポイントを支払わない、回答拒否ユーザーに追加する、はてなに連絡する等)が必要な場合もあります。なお、2008/09/04より、回答を閲覧時にチェックを入れることでポイント配当を0にして、同時に回答拒否にもできるようになりました。その場かぎりの回答だけで直接回答拒否してしまっても良いのか、慎重に判断した方が良いかと思われます。


(*1)例えば登録した時間が「2006-12-17 23:59:59」の場合、7x24時間経過後の「2006-12-24 23:59:59」に終了します。したがって回答配分処理に10分かけるとすると「2006-12-24 23:49:59」までに終了しましょう。クリスマスプレゼントに間に合うようにd^-^)


回答するとき

人力検索はてな


まず、回答をオープンするだけで質問者が10ポイント消費するということを理解しましょう。

人力検索はてなの「5. 「人力検索」タイプの質問を終了する」の「回答を開く」を参照。


  • 回答する前に質問者のユーザーidのプロフィール欄から質問履歴を参考にすることで、理不尽なキャンセルや質問放置が頻繁に行なわれているか参考になることがあります。
  • 質問文を良く読みましょう。質問文に回答者の条件がある場合(“女性の方限定”等)は、自分がその条件にあっているか確認した上で回答しましょう。アンケートの時のみ回答者条件として設定されていることがあります。
  • 回答する前に他の回答者の回答や、質問者の返信やコメントについてもよく読み、既に同じような回答が出ているときには回答を控えましょう。
  • わからないとき、自信が無いときは回答を控えましょう。特に専門的な分野(法律・医療関係等)に関する質問には慎重を期して回答しましょう。自分がその分野に関する確かな知識を有していることはもちろん、自らの回答が質問者、ひいては閲覧者にもたらす影響を十分考慮しましょう。
  • やむをえない場合や求められている場合を除き、できるだけ複数回答は控えましょう。
  • 「間違えました」「スミマセンでした」「ポイントは不要です」等の回答はなるべく控え、コメントを使用するようにしましょう。
  • 回答において他サイトの内容を引用する際は、回答中にそのURLと引用したことを明記しましょう。

トラブルになりやすい行為

  • 攻撃的・感情的・独善的な回答やコメント。
  • 質問者や他の回答者の人格・名誉を傷つける回答やコメント。
  • 個人を特定した質問や回答。
  • 理不尽なキャンセルやポイント振り分け。
  • 大量に寄せられた回答を未読のまま質問終了。
  • 1つの回答もオープンしないまま質問を放置し、1週間後に自動キャンセル。
  • 引用元の記載の無い他サイトからのコピペ回答。
  • サブアカウントを隠れ蓑とした悪意ある投稿。
  • はてな情報削除関連事例 - 機能変更、お知らせなど

その他


最後に…

【更新履歴】

 変更時にはガイドライン更新履歴についても更新お願いします。


* はてなダイアリーキーワード:ガイドライン